• 社会保険労務士 佐野浩之

新型コロナで変わる就活 WEB 面接のみで内定4 割

最終更新: 6月3日


 21 年卒業する大学生などを対象にした採用面接が1 日から本格化する。NHKがアンケートを行った結果では、9 割の企業がウェブでの面接を実施すると答え、このうち4 割がウェブ面接のみで内定を出すと回答をしている。

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、対面が中心だった採用面接は様変わりすることになりそうだ。


★WEB 面接のみで は、学生の 雰囲気をつかみづらい ★

 ことしの採用面接をウェブを活用して行うかどうか尋ねたところ、「行う」が

94.7 %と最も 多かった。 さらに、ウェ

ブの面接だけで内定を出すかどうか尋ねたところ、「内定する」が 44.9 %と最も多 くなった。これまでの 対面での面接

から 、 一度も会わずに採用まで行う企業が 4 割にも上ることには驚きを隠せない。まさに 新型コロナウイルスの感染

拡大をきっかけに、様変わりすることになりそうである 。


 だが採用する側の担当者には、ウェブ面接だけでは 学生 の 雰囲気をつかみづらい面がある。新卒者の採用は、仕事のスキルと言うよりは人物重視で評価するものなので雰囲気がつかめないと、どうしても難しい面が出てくる。もし、お互いの理解が深まらないまま『内定』となった場合、ミスマッチが生じて、入社後の早期離職につながるおそれもある 。


 そのため、学生の本音を引き出せるように、企業側でも学生がリラックスしてウェブ面接を受けられるように、次のコラムを参考に進め方を考えてみられてはどうでしょうか。


参考:「採用担当者必読! WEB 面接で失敗しない 5 つのコツ、先行実施企業に聞く 」

https://diamond.jp/articles/articles/--/236207


参考:en転職「オンライン面接入門」

https://partners.en-japan.com/special/200514/

ひと・しくみ研究所

採用・定着・教育に強い社労士

〒658-0051 神戸市東灘区西岡本25-4
 Mail:hitoshikumig@gmail.com