• 社会保険労務士 佐野浩之

就活を通じて企業を好きになった経験あり8割

最終更新: 1月31日


企業広報戦略研究所(株式会社電通パブリックリレーションズ内)が、

2019年3月に卒業予定の内々定・内定を1件以上獲得した大学生/大学院生

1000人を対象に就職活動調査を実施し、その結果を公表しました。


★調査結果のポイント★

1.就活を通じて、企業を好きもしくは嫌いになった経験はありますか?

・「好きになった経験がある」 78.0%

・「嫌いになった経験がある」 43.6%

・「印象が変わった経験はない」11.7%


 ◇好きになった理由

 「面接官の丁寧な対応」「社風の良さ」「経営理念に共感」など

 ◇嫌いになった理由

 「オワハラがきつかった」「社員の傲慢な態度」「圧迫面接」

 「人事と社員の発言内容に齟齬(そご)がある」など


2.好きになった企業について取った行動は?

 ・周囲の人に優良企業だと伝えた         53.5%

 ・企業動向について情報収集した         20.4%

 ・周囲の人に就職、転職先として紹介した     17.4%

 ・商品・サービスを購入や利用した        10.9%

 ・周囲の人にその企業の商品・サービスを紹介した  8.7%


 3.嫌いになった企業について取った行動は?

 ・周囲の人に企業のネガティブな情報を伝えた     39.2%

 ・周囲の人に就職、転職先として選ばないよう勧めた  14.0%

 ・企業動向についての情報収集をやめた         8.0%

 ・商品・サービスを購入や利用を控えた         7.1%

 ・SNSや掲示板に企業のネガティブな情報を書き込んだ  4.6%


 4. 選考を受ける上で重視した企業の魅力(上位10項目)

  1.自分に合った雰囲気の職場環境である

  2.社員がやりがいを持って活き活きと仕事をしている

  3.収益基盤が安定している

  4.福利厚生が充実している

  5.ワークライフバランスがとれている

  6.良い企業理念・ビジョンに基づいた経営をしている

  7.まじめで、信頼できる社員がいる

  8.優れた機能・効果を持つ商品・サービスを提供している

  9.高い技術力・ノウハウに基づく商品・サービスを提供している

  10. 周囲に誇れる企業評価を得ている


◇調査結果の詳細は下記でご覧いただけます

 http://q.bmd.jp/bm/p/aa/fw.php?d=1&i=kikaku_merumaga&c=1699&n=79524


★まとめ★

採用が厳しい時代は、つい目の前にいる優秀な人材を採りたい、

ということに意識が集中していしまうかもしれませんが、

採用活動をするときには、その向こうにいる応募者の家族や

友人・知り合いなどについても意識することが大切だと

この結果は教えてくれます。


人事担当者の方、あなたの会社を好きになってくれるかは、

あなたの対応次第ということです。

要注意ですね!





ひと・しくみ研究所

採用・定着・教育に強い社労士

〒658-0051 神戸市東灘区西岡本25-4
 Mail:hitoshikumig@gmail.com